検索

「みんなが喜ぶ無料ビジネス!」


 「ただより高いものない」ということわざがあります。

でも、本当は多くの人が「無料」が好きであるらしい、という実験があったとのことです。行動経済学者のダン・アリエリーはこんな実験をしました。「高級チョコ」と「普通のチョコ」の二種類を販売し、「無料」がどれほどの効果があるのかを試しました。

最初は高級チョコを15セント(相場より激安)、普通のチョコを1セントで販売。相場よりかなり安い高級チョコを73%の人が購入し、普通のチョコを購入したのはたったの27%でした。次に高級チョコを14セントで販売し、普通のチョコを無料としました。どちらも等しく1セントずつ値段を下げたのですが・・結果は高級チョコを購入した人は31%まで減り、無料とした普通チョコを選んだ人は69%まで上がったのです。

この実験からは、無料好きな人が意外と多いのが分かります。そして、よく考えると、私たちの周りにも無料のサービスがたくさんあることに気づきます。「テレビ」(民放)はもちろん、無料通話サービス、ネット検索サービス、レシピやお店紹介のサービス・・など。無料サービスは誰もが喜んで利用し、それがもう当たり前になっています。

これらのサービスを提供するには、人件費や設備の維持に多くのコストがかかるのに、どうして無料でサービスを続けられるのでしょうか?これは、広告収入を得ることやサービスの一部を有料にすることで無料にすることができています。

この無料ビジネスの仕組みは、サービスを無料にすることで多くの人を引きつけ、その数の力で広告収入につなげるなどして収益を上げるものです。これは多くの企業で取り入れられているビジネスモデルです。計算の上で、このビジネスを始めた方もいると思いますが、中には、サービスを受ける人が喜んでもらう事を真剣に考えた結果、無料サービスに行きついたという人もいるでしょう。現に聖書にはこのような言葉があります。

 「おおらかな人は豊かにされ、他人を潤す人は自分も潤される。」(箴言11:25)

ビジネスの現場では、自社や自分の利益を最優先にすることが語られがちですが、周りの人達がどうしたら喜ぶかを考えてみることの中にもチャンスが隠されているのではないでしょうか。 


#(2019年 通巻358号)

4回の閲覧

© 2018 札幌希望の丘教会. Wix.com