top of page
検索

「タイタニック号とタイタン号の悲劇」


 今年の6月、潜水艇タイタン号が北大西洋で行方不明になったというニュースが、世界中を駆け巡りました。111年前に沈没した豪華客船タイタニック号を見に、水深約3800mまで潜っていたのです。その後、乗り込んだ5名全員の死亡が発表されました。事故の原因として、潜水艇の構造上の問題や金属疲労が指摘されています。


 1912年の悲劇を描いた映画『タイタニック』(1997年)を監督し、アカデミー賞を受賞したジェームズ・キャメロン氏は、次のようなコメントを発表しました。「タイタニックの悲劇との類似性に驚いているよ。・・・警告が無視されたという点で、非常によく似た悲劇。」(6/23ハフポスト)。


 筆者はこのニュースを聞いた時、今年の春休みに東京ディズニーシーで「海底2万マイル」というアトラクションに乗ったことを思い出しました。小型潜水艇に乗り込み、暗い海底探検に出かけますが、途中トラブルに見舞われます。それでも不思議な助けを借りて最後は無事に帰還するというストーリーです。明るい地上に戻った時はホッとしました。


 旧約聖書の中に『ヨブ記』という書物があります。数々の試練に見舞われたヨブは、友人たちからも見放され、神に訴えました。神の沈黙を嘆いていたヨブは、最後に神のことばを直接聞き、圧倒される経験をします。その中で、深海について神はヨブに以下のように語りました。


 「あなたは海の源まで行ったことがあるか。

 深淵の奥底を歩き回ったことがあるか。」  (ヨブ記 38章14節)* 


 次々と自身について語る神に対し、ヨブは次のように答えます。


 「あなたには、すべてができること、

 どのような計画も不可能ではないことを、

 私は知りました。」                (ヨブ記 42章1節)*


 ヨブの試練は悲劇で終わらず、祈りが聞かれ、脱出の道が備えられました。聖書や自然を通して、神は今なお私たちに語りかけています。そこには警告も含まれます。タイタニック号のように氷山にぶつかる前に、タイタン号のように圧壊する前に、脱出できればと思います。あなたを生かす神のことばが詰まった聖書に耳を傾けてみませんか。


*聖書 新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会

(2023年 通巻457号)

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page