検索

「夢中になれる仕事?」


 私は今、とても夢中になってできる仕事があります。仕事に夢中になるなんて、理想論じゃないの?と思う人もいるかもしれません。私も以前は、仕事に夢中になるなんて無理だと思っていました。でも、夢中になる仕事には、誰でもきっと出会えるはずです。


 私はある時、とても夢中になる仕事に出会いました。それは、簡単なソフトを自ら考えて作り出すというものでした。当時、上司からの指示で新たなシステム開発もやったことはありましたが、言われてやるものには、あまり心ときめくものがありませんでした。ところが、誰かから言われたのではなく、自ら「このようなシステムができたら、みんな便利になるだろうな」と考え、簡単なソフトを作ることにしました。すると、とても夢中になり、時間を忘れて、家に帰ってからもその仕事に没頭しました。結局、そのソフトはあまり使われることがなかったのですが、これが夢中になる仕事との出会いでした。


 私は、必ずやらなくてはいけない仕事は、効率よく、極力短時間で終わらせるようにしています。そして、余った時間を夢中になれる仕事に割り当てることにしています。これにより、様々なシステムを開発できるようになりました。


 最近は監視室の業務効率化を図るシステムを開発したところ、技術的な賞もいただき、他社でも導入したいとの話も舞い込んできました。その後、特許も取得し、システム販売による新規ビジネスにつながったのです。


 様々な仕事をする中で、誰もが夢中になれる仕事に、きっと出会えると思います。それは、私達人間を創造された神様が、一人ひとりにユニークな才能を与えられているからです。夢中になること・・それは、ほかの人にはない、一人一人違っているその人独自の才能を生かすという神様の大切な計画を実行することではないでしょうか。


 「人の心には多くの思いがある。しかし、主の計画こそが実現する。」(箴言19:21)


 夢中になれる仕事、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?そして、神様の大切な計画をもっと知るために聖書を読んでみませんか?

(2022年 通巻430号)

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示